【初開催!】2日間で機能解剖学が学べるNESTAファンクショナルアナトミースペシャリスト

2日間で機能解剖学が学べるNESTAファンクショナルアナトミースペシャリストTOP

2020年5月26日(火)・6月2日(火)にNESTAファンクショナルアナトミースペシャリストがSAWAKI GYM早稲田本店にて開催されました。ファンクショナルアナトミーとは『機能解剖学』のことで、ストレングストレーニング(筋トレ)やストレッチ指導をするパーソナルトレーナーにとってなくてはならない知識の一つです。この講座は2日間で全身の骨、関節、筋肉の起始、停止、機能を学ぶことができ、すぐに現場で活用できる内容の講座となっております。その模様をご覧ください。

レポート

  • 日時:Day1:5月26日(火)9:00~18:00、Day2:6月2日(火)9:00~18:00
  • 会場:SAWAKI GYM早稲田本店
  • 講師:澤木 一貴

講座の模様

~Day1~

2日間で機能解剖学が学べるNESTAファンクショナルアナトミースペシャリスト01 2日間で機能解剖学が学べるNESTAファンクショナルアナトミースペシャリスト02

僧帽筋上部ストレッチ

2日間で機能解剖学が学べるNESTAファンクショナルアナトミースペシャリスト04

▲こちらは僧帽筋上部のストレッチの様子です。しっかり肩をホールドし、体重をかけて伸ばしています。

広背筋ストレッチ

2日間で機能解剖学が学べるNESTAファンクショナルアナトミースペシャリスト04

▲こちらは広背筋のストレッチです。腕を真上にホールドし、背中の筋肉をしっかり伸ばします。

三角筋トレーニング

2日間で機能解剖学が学べるNESTAファンクショナルアナトミースペシャリスト06

▲三角筋前部を鍛えるフロントレイズという種目です。肩の高さで1秒キープする意識で行いましょう。

2日間で機能解剖学が学べるNESTAファンクショナルアナトミースペシャリスト07

~Day2~

2日間で機能解剖学が学べるNESTAファンクショナルアナトミースペシャリスト08

デッドバグ

2日間で機能解剖学が学べるNESTAファンクショナルアナトミースペシャリスト09

▲体幹を鍛える『デッドバグ』。体幹部を安定させながら手足を動かすことで安定性を高めます。

前脛骨筋

2日間で機能解剖学が学べるNESTAファンクショナルアナトミースペシャリスト10

▲前脛骨筋はラテン語でTibialis Anterior Muscle。身体に書いてわかりやすく講義します。

2日間で機能解剖学が学べるNESTAファンクショナルアナトミースペシャリスト11

▲ご参加ありがとうございました。

※この講座は感染拡大防止対策として「手洗い」、「消毒」、「換気」を徹底し実施しています。

今後のセミナー日程

この講座は骨や筋肉、関節に関わる機能解剖の知識はもちろん、トレーナーとして活躍するための効果的な情報発信の方法や、ビジネスについても詳しく学んでいきます。受講希望の方は下記からお申し込みください。

次回のNESTAファンクショナルアナトミースペシャリストは2020年6月13日、6月14日に沖縄で開催です。
コチラをご覧ください。

NESTAファンクショナルアナトミースペシャリストの日程は
コチラをご覧ください。

SAWAKI GYM ACADEMYセミナー日程は
コチラをご覧ください。

関連記事